Category Archives: 銀蛇自警団

掃除人Xとロイヤルガード特別部隊それってロイヤル・ブリタニアン銀蛇自警団活動報告書 – Vol. 3

ブリタニアの市民諸君! この場をお借りし、国王陛下とサージョフリーの命を受けてベスパーで発生した事件に果敢に挑んでくれた諸君に敬意を表するとともに、心よりの感謝を述べたい。本当にありがとう! 現在、ガーゴイルのXeninlorが重要参考人としてブリテインに出頭しており、証言の裏付けを急いでいるところだ。よほどのことがない限り、これまで明らかになった事実が覆されることはないと思われるが、我々はどんな時もあらゆる事象について注意深く検証し、どんなに小さな可能性も排除することがあってはならない。 そのようなわけで本日は諸君から寄せられた貴重なレポートを紹介しながら、あらためて我々ならではの切り口の仮説を打ち立てることを目標にしてみようと思う。まずは淡々とした筆致に冷静沈着な分析が光るHiroaki団員のレポートを読んで一日の流れを振り返ってみることにしよう。 ◆ アルマートの薬物 さて、Hiroaki団員のレポートにもあったようにベスパーでは違法と思われる薬物が蔓延していたが、その正体はSilver Serpentの毒を主成分としているということ以外ははっきりせず、被害者にガーゴイルがいないという点も謎を深めていた。事件が急展開を迎えるのは嫌疑を掛けられていたベスパーの秘薬屋、The Magician’s Friendの主人が亡くなってからである。なんと、遺品の中から魔法使いGarok Al-Mat(ガーロク・アルマート)の遺書が見つかったのだ! Garok Al-Mat(ガーロク・アルマート)はその昔ブリタニア租税協会に申告漏れを指摘されて仕事を失って以来、誇大妄想や頭の中の声に悩まされるようになったという失意の魔法使いである。彼については賢者アラナーによる著書、“アラナーの不可思議で驚くべきものたち”に記述があるが、それによれば彼はSilver Serpentの毒を他と組み合わせて予言を行うための秘薬の調合を研究していたという。彼の遺書には秘薬の成分表と思しきものが添付されていたが、奇妙なことに肝心の部分がばっさりと切り取られていたのだ。 果たしてアルマートは生前にその秘薬の調合に成功していたのだろうか?未完成だったのだろうか?あるいは意図したものとは違うものができてしまったのだろうか?あり得ることだ。当初の目標に到達できなかったとしても、劣化版の完成くらいにはこぎつけていたかも知れない。または多くの発明品がそうであるように、思いもかけない副作用を生み出していたのかも知れない。この項目ではそんな可能性を示唆する、pelu団員とMolook団員の手による深い洞察力を感じるレポート2冊を続けてお読みいただこう。 薬物の正体については結論の項目に譲り、次に進もう。 ◆ 秘薬屋の主人 それにしても、諸君。妙だとは思わないか?秘薬屋の主人の遺品からは土地の権利書が持ち去られていた。ならばなぜ、犯人はアルマートの遺書もまるごと持ち去らなかったのだろうか?なぜ、わざわざ成分表の部分だけを切り取って持ち去ったのだろうか?何のために?アルマートの遺書に世間の耳目を集めるためではないだろうか。 いや、こうも考えられる。秘薬屋の主人は篤志家で、彼に借金の申し込みをする者も多かったと言う。成分表は借金の担保として主人の元に持ち込まれた時、すでに切り取られていたのではないだろうか。アルマートの遺書ならばある程度の骨董的な価値はあるのだろう。秘薬の成分表を故意に手元に残したとなると、その人物はその効用を知っているか、少なくとも秘薬の調合技術を持つ者である可能性が高い。 さらに、もう一つ仮説を立ててみよう。土地の権利書と秘薬の成分表は主人の死後持ち去られたのではない。主人の生前、主人があえてその人物にその部分だけを切り取って差し出したのだ。 – 真っ先に疑われる立場の者が、自ら生活基盤周辺でそのような自分の足元に火を放つような真似をするだろうか?(Jimmy団員) その通りだ。自分だけではなく、守るべき家族がいた秘薬屋の主人が何らかの脅しに屈し、生前土地の権利書と成分表を差し出したことは十分に考えられる。この時主人はやがてこの事件に捜査のメスが入ることを予見し、その人物にとって有用な成分表だけを切り取って渡し、残りの部分をあえて残したのではないだろうか。 一方、土地の権利書はどうだろうか?誰にとってもその価値は同じだろうか?そこに何もなければそうだろう。しかし、あの鉱山には巨大な蜂と何らかの生物との交配種と思しきクリーチャーが生息する巣穴への入口が確かにあったのであり、それだけでなく、もっと秘められた何かが、まだ我々の目に触れたことのない重大な秘密が眠っているとしたら?秘薬屋の主人はその秘密を握っていたが故に、口封じのため殺されたのだとしたら? そんな大胆な予測を展開したのがJimmy団員である。もしそれが事実であったなら何と恐ろしいことだろう! アルマートはSilver Serpentの毒を巨大な蜂の花粉だけではなく、Spider’s Silkとも調合を試みていた。 – 上記により、何らかの方法で近縁種ではなく、蜘蛛と交配することで、巨大な蜂の花粉とSpider’s Silkの両方の特質をもった原料の生成を試みたのではないだろうか生物の交配となると、生物学に対しての深い造詣が必要となることから、薬学のNatashaの父親だけでは、実現は困難である(Hiroaki団員) 実に論理的だ。よって、ここではあらゆる可能性を加味し、犯人を複数犯、ないし組織とし、秘薬屋の主人は何らかの形で加担していたものの、仲間とトラブルを起こして殺されたという仮説を立てた上で、更なる検証を重ねてみよう。 ◆ 霧のべスパー – その夢をみると、どうしても蜂蜜が食べたくなる(molook団員) – 霧のべスパー、その未来が私には亡霊の如くおぼろげに感じられるのは確かだ。(pelu団員) ペスパーは養蜂の街である。そしてガーゴイルたちにSilver … Continue reading

Posted in 銀蛇自警団 | Comments Off on 掃除人Xとロイヤルガード特別部隊それってロイヤル・ブリタニアン銀蛇自警団活動報告書 – Vol. 3

べスパーの亡霊 ~The Ghost of Vesper

ブラックソーン王は報告書をまじまじと見つめてから、視線を戻して口を開いた。 「いやはや驚いたよ。」 王の第一声にいくらか頭部に白いものが混じりかけているものの、日焼けした精悍な体躯に磨き込まれた甲冑を着込んだロイヤルガードは紅潮した頬に少年のようなブルーの瞳をきらきらさせながら頷いた。 「Garok Al-Mat(ガーロク・アルマート)の遺書が見つかるとはね。」 サージョフリーはもう一度だけ深く頷くと、黄ばんだ羊皮紙を慎重に広げながら王の書斎の重厚なマホガニー製のデスクの上に身を乗り出した。 「こちらがその遺書になりますが、ただ残念なことに最後の成分表の部分に切り取られたような跡があるのです。」 「成分表?」 サージョフリーは王が並々ならぬ関心を示しているのを見て、自然と笑みがこぼれるのをこらえることができない様子で続けた。 「ええ、ええ、さようでございます。陛下は“アラナーの不可思議で驚くべきものたち”をお読みになったことがございましょう?」 「もちろんだよ。」 王は身を乗り出すロイヤルガードからやや身を引き気味に答えた。 「そこにGarok Al-Matとシルバーサーペントの毒についての記述がございます。メイジたちの夢の物質であると同時に若くして手を出せば人生を破滅へと追いやると言われたあの薬です。」 「なるほど。」 王は立ち上がりざまに続けた。 「それが、近頃べスパー界隈に蔓延している違法ドラッグではないかと。つまり、そういうことだね?」 サージョフリーはなおも熱っぽく訴えた。 「さようでございます。ようやく一連の難事件に一筋の光明を見た気分でございます。つきましてはロイヤルガードを総動員して成分表の捜索に当たりたく支援を……。」 言いかけたジョフリーに王はにこやかに答えた。 「いいだろう。“掃除人”を呼びなさい。」 ‥‥………………………………………………………‥‥ 日時: 6月3日(土)夜10時より開始 集合場所:サーペンツホールドのカウンセラーギルド (六分儀座標: 153o 11′S, 115o 44′E) ※当日はニジェルムEMホールより集合場所までゲートを設置します。 ◆ 当イベントは銀蛇自警団のリバイバルかも知れません! が、レポートの提出は任意です。 ※レポートは当ウェブサイトで発表させていただく場合がありますので、匿名希望の方はご提出時にその旨お書き添えください。 ◆ チャットチャンネルVSSにお入りください。 ◆ 戦闘準備の上、お越しください。 ◆ … Continue reading

Posted in イベントお知らせ, 銀蛇自警団 | Comments Off on べスパーの亡霊 ~The Ghost of Vesper

掃除人Xと有志の市民あらため帰って来たロイヤル・ブリタニアン銀蛇自警団活動報告書 – Vol. 2

ブリタニアの市民諸君! 我々はここ1週間ほどブリタニアの沿岸にひしめく正体不明のクリーチャーたちを討伐して来た。 そして参考人を捜査して行く過程でまったく予期せず決戦の時はやって来た。不測の事態にも終始一貫して冷静かつ迅速に対応し、並居るクリーチャーたちをものともせず立ち向かってくれた諸君に敬意を表するとともに、その素晴らしい働きによってこの度の事件が一応の収束を見たことに心より感謝したい。 さて、そのようなわけで私はブリタニアに帰って来た。レポートをお寄せくださった諸君を私から親しみと尊敬を込めて、再び団員とお呼びすることをお許しいただきたい。 – 我らの団長、サーPhantomがお帰りになりました!!(Green puffer) – びっくりしちゃったー! お掃除屋さんが脱いだら、団長さんだった!!(匿名希望団員) – やっぱり団長がいると自警団の士気が違いますね、みんな喜んでいると思います!(Aimai moko団員) ありがとう! 諸事情から何かと行動は制限されることになるかも知れないが、いつかまた状況も変わるだろう。これからも諸君とともに、ロイヤルガード特別部隊、銀蛇自警団の指揮官としてブリタニアの民を手助けする存在であり続けたい。おお、そうだ。それと差し入れをありがとう。だが国王陛下への報告書を書き終えるまでは飲まない……つもりだ。早く飲みたいからというわけではないが、早速事件を振り返ってみることにしよう。 ◆ クリーチャーたち 決戦前夜となったその日はジェロームの街に謎のクリーチャーたちがひしめいていた。クリーチャーたちは光源によってまだら、あるいは漆黒にも見え、Doomと呼ばれるダンジョンに出現するモンスターによく似た形状をしているようにも見えた。海上には通称電気うなぎと呼ばれるシーサーペントによく似たクリーチャーが多数出現し、航行に支障が出る事が懸念された。余談だが、サージョフリーによるスケッチはこれらのクリーチャーの特徴をよく掴んでいる(機密扱いゆえにお見せできないのが非常に残念である)。 ここまでで、モンスターが現れたという地域を整理してみよう。いずれもブリタニアの島しょ部であり、ジェローム、ファイア島、ムーングロウ、ニューマジンシア、ニュジェルムである。 – これらを結ぶ海域のどこかに秘密のアジトが隠されておる可能性は高いかもしれませぬな(Jimmy 団員) なるほど。ブリタニアを西から東へ横断するかなりの広範囲であるが、ではそのアジトの持ち主はどのような人物、あるいは団体であり、どのような目的を持って今回の事件を起こしたのだろうか? あるいはこれはまったくの杞憂で、サージョフリーの記憶をもとにしたスケッチが示すように、初めてではないというこれらのクリーチャーの出現は、周期的、かつ自然発生的なものなのだろうか? また、異変のときに必ず現れると言われるモビィ・ステラなるシャチの正体も気になるところだ。 – あっしの印象だけをいえば、モビィ・ステラが自分の意思で化け物を、悪意をもって呼んだとは思えないのでやんすよ。(Molook団員) 確かに我々の前に姿を現したかのオルカに凶暴性は微塵もなく、むしろ知性と思いやりを兼ね備えているように見え、イルカと見紛う小さな体躯の持ち主であり、実際にそのオルカ自身が自らを他の誰とも違うと語ったように、生物学的な分類は他のクリーチャーたちも含めて不明である。また、オルカとこれらのクリーチャーが自らの意思を持ってこれらの海域に現われたようには見えないというのが今回の我々の一致した見方ではあった。 まずはHiroaki団員によるレポートで一日の動きを振り返ってみることにしよう。 ◆ 枯れ尾花か、触媒か ブリタニアの島しょ部の漁師たちの間では、昔からある噂があった。 沿岸にまだら、あるいは漆黒のクリーチャーたちが現れる時、モビィ・ステラがやってきて彼らの日々の糧である魚を食い荒らしてしまうのだと。 しかし、実際にオルカと対面した我々は戸惑いを隠せなかった。本当に魚を食い荒らしていたのはこの、モビィ・ステラだったのだろうか?沿岸部に現れたクリーチャーたちが魚たちを追いやっていた可能性はないのか?否、そもそも水温の上昇やその他の要因によって生じた生態系の乱れが漁獲高やこれらのクリーチャーの出現を引き起こしていた可能性はないのだろうか? 諸君の報告書ではこれらのクリーチャーたちの出現について、大きく分けて二つの見方があったように思う。まずはモビィ・ステラ自らが語っていたように、化け物は我々の心理によって生み出されるとされる、いわば枯れ尾花説についてのJimmy団員の興味深い考察を見てみよう。 なるほど、魔法は秘薬を媒介とし、ボイドの虚空間に滞留するマナに干渉する技術である。魔法によって目に見えないものを有益なエネルギーに変換、またある時は一定の殺傷力を持つクリーチャーにすら変えることが可能であることを考えれば、我々の思念が – その手順を踏まず、人々の恐れや戸惑いを詠唱やマナの代わりに一方的に引き出し(集団心理というやつもありますしな)(Jimmy団員) 恐ろしいクリーチャーを作り上げたということも十分にありうるわけである。モビィ・ステラは彼自身についてこう語っている。“私は気付いた時からこの広い海にたった一人だった”と。さもありなん、突然マナから命だけでなく、高度な知性を与えられたクリーチャーがいたとしたら戸惑うのも無理からぬことである。しかし、本当に想念だけでこのようなことが可能であろうか?もし、そうであるとしたら、煩悩に満ちた我々ブリタニアンの暮らすここ、ソーサリアは、良からぬもので埋め尽くされているような気もするのだが……? うむ。 … Continue reading

Posted in 銀蛇自警団 | Comments Off on 掃除人Xと有志の市民あらため帰って来たロイヤル・ブリタニアン銀蛇自警団活動報告書 – Vol. 2