◆ 船頭の小話は、下記のように街の名前、性別、ストーリーの三要素がランダムに組み合わさってできています。
「あー! (街の名前)であっしが出会った(男or女)の話をしましたっけ? (ストーリー) なに、つまらん話でさ。」
◆ 街の名前は確認できた限りでは13か所あります。
ブリテイン、トリンシック、ミノック、ユー、マジンシア、ムーングロウ、ジェローム、スカラブレイ、ベスパー、ニュジェルム、バッカニアーズデン、サーペンツホールド、徳之諸島
◆ 性別と現状確認できた69種の下記のストーリーが組み合わさると、実に1794通りの小話があることになります。
これ以外に存在した場合は悪しからずご了承ください。
ID ストーリー
1 シーサーペントになった奴なんですぜ。
2 かわいいフェレットを助けた奴の話を。
3 忍者に襲われた奴の話を。
4 自分は徳のアバタールだって言ってる奴でしてね。
5 余はロード・ブリティッシュだなんて抜かすから、ひっぱたいてやりましたぜ。
6 3人のならず者と決闘して、小さなナイフ一本で全員のしちまったんですぜ。
7 酒場娘にちょっかい出してエールを頭から浴びる結果になった奴の話なんですがね。
8 ドラゴンを飼ってるとわめいた酔っ払いの話なんですぜ。
9 お前がドラゴン使いのはずがねぇと皆が笑ったら、ドラゴンのご登場だ。酒場中がシーンとしたぜ。
10 この世界は現実を投影した幻影にすぎないと信じてる奴でしたぜ。
11 ウィンドとかいう街が山中に実在するとかなんとか言ってる奴の話を。
12 世界一周の船勝負をあっしに挑んで出航したまま、今も帰らねぇ。
13 自分は商船団を壊滅させた海賊だと言ってましたぜ。
14 4つの町にそれぞれ妻がいるんですぜ。
15 貴方を知ってるって言ってたが、ありゃ絶対嘘ですぜ。
16 かなりの魔法の使い手でしたぜ。
17 奴はブラックソンの支持者でしたぜ。
18 そいつ、実は幽霊でしたぜ。
19 正体はシーフでしたぜ。
20 シャドーロードがどうとかつぶやき続けてる奴でしたぜ。
21 自分は一種のタイムロードだとか言ってた奴の話を。
22 貴重な文書を見つけたのに、うっかり井戸に落としたんだとか。
23 あっしの魂を狙う魔物だったんですぜ。
24 実は秘密任務中のロード・ブリティッシュの衛兵だったんですぜ。
25 ボールを蹴ってる奴らを眺める券を売って商売しようとしてたんですぜ。
26 最高のヒーラーだと思ってましたぜ。奴が風邪ひいて死ぬまでは。
27 大自然が好きな奴でね、街に居る間はジンマシンが出てましたぜ。
28 西の海の果てには、死者の国があると確信してた奴でしたぜ。
29 「自分の犬は頭がいいからしゃべるんだ」ですとさ!
30 酒場のテーブルの上で踊って足を滑らせ、自分の剣の上にまっさかさま。
31 動物のことならなんでも知ってる奴ですぜ。
32 一人で森の中に城を建築したんですぜ。
33 でけぇ船をあの港で建造したが、進水式が浸水式になってハイお終い。
34 食べ物に必ず魔法をかけるんですぜ。毒が仕込まれてても大丈夫なようにって。
35 昔、渦潮に飲まれたとかで髪が白くなったそうですぜ。
36 タコになっちまった奴の話なんですがね。
37 かわいいフェレットに魔法をかけられた奴のことを。
38 立派な侍に口説かれた人のことを。
39 異世界から来たんだと言う女のことを。
40 自分は徳のアバタールだと抜かしてましたぜ。
41 ロード・ブリティッシュは自分の知り合いだって言うんですぜ。
42 太陽のような素敵な金髪の人のことを。
43 お近づきになろうとしたら、猛烈なキックをお見舞いされましたぜ。
44 最高に甘いアップルワインをあっしに出してくれましたぜ。
45 極上のアップルパイを作る人ですぜ。
46 あの人のクラムチャウダーは最悪ですぜ。
47 世界は丸いと思ってるんですぜ。ハハ!
48 山中にある魔法の町に行ったことがあるとか言ってましたぜ。
49 ブリタニー湾でのレースをあっしに挑んできたんですぜ。
50 商船団を持ってるって言ってたっけ。
51 あっしに結婚を迫りましてね、弱りましたよ。
52 貴方を知っているそうですぜ。どうせ嘘だろうがね。
53 凄腕の魔法使いでしたぜ。
54 実はブラックソンの支持者でしたぜ。
55 実はあの人は既婚だってことを。
56 正体は海賊だったんですぜ。
57 自分が死んでることにまだ気づいてないんですぜ。
58 海底のお宝をひきあげたのに、ぜーんぶ使っちまったそうですぜ。
59 月の光が大好きだからって、昼間に寝るんですぜ。
60 暗闇恐怖症で絶対にランタンを消さないときた。
61 あっしのことを、超美形だって言ってくれましてね。
62 あっしより醜い奴は居ないって言うんですぜ。
63 キスで祝福をしてくれるってんで、あっしがバカみたいに突っ立ってたら、煙と共に消えたんですぜ。
64 あっしを蛙に変えやがって。別の蛙がキスしてくれるまで、あっしは2週間も蛙のまま。
65 お盆をひっくりかえしてあっしの膝の上にエールをぶちまけたんですぜ。
66 髪にキツネの尾を編みこんでいるんですぜ。
67 リュートで奏でる素晴らしい演奏のことを。
68 ものすごい金切り声で歌うんですぜ。
69 錆びたプレートメイルを着こんで雨の中餓死しちまったんですぜ。